パイネットワークのPi(パイπ)! 暗号資産(仮想通貨)で夢を実現させる可能性はまだ終わってないってホンマ? 世界初スマホのアプリでマイニングし、しかも完全無料! ビットコインを超える? ハズレでも1円も損しないってホンマ?設定方法 詐欺 Piアプリ 検証 評判 評価 レビュー

☆1月20日に最後の項目、

「あっくんの評価と総評」の内容を、

追記しましたんで、是非、最後までお読みください!

(メッチャ重要な事が書いてあります!)

 

☆更に1月22日に「Pi(パイ)が上場してる?」の真実を、

メニューに追加し、追記しました!

 

★2019年5月に「資金決済に関する法律」と、

その関連法が仮想通貨の取引に対する、

新たな規制を盛り込む形で改正され、

2020年5月に施行されました!

この改正によって、法令上「仮想通貨」は、

「暗号資産」と呼ばれています!

なんでここでは「暗号資産」と呼んでいきます!

 

★「ホワイトペーパー」の訳した文章を、

記載したんで、記事がメッチャ長くなりました(>_<)

なので「メニュー」から読みたい項目を押せば、

その項目に飛べます!

絶対に最後まで必見でっせ(^。^)y-.。o○

(あなたの人生が変わる可能性「大」!!)

 

★スマホで見る場合、途中動画があるんで、

横にして見てください!

 

暗号資産の現状!

 

今現在「暗号資産」と聞けば、

「もう終わってるんちゃうの?」とか、

「儲からへんのちゃうの?」と、

答える人が特に日本人には多いでしょうね!

 

その中の1人に僕も居ました!

 

ただこの記事を書くにあたって、

検索に検索を重ねたり、

暗号資産に詳しい人、

何人かに話を聞いていったら、

「PIネットワーク」に関しては、

「全くそーでは無かったって

むしろ大きな可能性がある!」って事に気付き、

それをあなたにシェアしていきます!

 

2022年に入って高まった世界情勢への不安、

インフレの上昇で暗号資産投資への関心低下により、

夏の間、暗号資産市場は凍結状態にあり、

投機トレーダーは肝を冷やしている状態ですわ!

 

エネルギーコストの上昇については、

特にエネルギー集約型の暗号資産において、

懸念が高まっており、

暗号資産採掘業者の収益性は圧迫されていますわ!

 

暗号資産の時価総額は2020年以降急騰してて、

特に、ビットコイン以外の暗号資産の伸びが大きく、

特に、ドル連動のステーブルコインの躍進が目立ってましたが、

(ステーブルコインとは、取引価格が安定することを目的に、

米ドルや金などの資産と連動するように設計された暗号資産の一種)

しかし、2022年に入り、米FRBの利上げにより、

米ドル(付利あり)が暗号資産(付利なし)より選好され、

暗号資産の価格は急落しているのが現状ですわ!

それに拍車をかけるように、

暗号資産取引所「FTX」の破綻を皮切りに、

「暗号資産の終焉!」なんていう人も居たりしてますが、

暗号資産の可能性をまだまだ期待してる、

機関投資家が多く見受けられるのが現状で、

大口個人投資家は傍観してるのが現状ですわ!

 

2017年頃から暗号資産ブームが個人のあいだで起こり、

その時はみんなが「リアルマネーに取って代わる!」って、

夢や色んな可能性を感じましたよね!

 

一部の大都市では、ビットコインで、

買い物が出来たり、交換所が出来たりしましたが、

今は当時よりあまり見かけないのが、

現状ではないでしょうか!

 

今、暗号資産は、

恐らく一般庶民にはゴールドと同じく、

投資対象に成り下がりましたし、

結局、日本では「電子マネー」が、

主流になりましたね!

PayPay 0.5%(カードと連携で2.5倍)
LINE Pay 1%
au Pay 0.5%
d払い 0.5%
Suica 0.5%(モバイルSuica1.5倍
メルペイ 0.5%
nanaco 1%(セブンなら5倍)
楽天Edy 0.5%(カードと連携で1%)
WAON

 

一部の愛好家以外の人々や、あなたは今、

暗号資産に興味が無い!って思ってるんでは・・・?

 

それでも今現在、新たな暗号資産は、

生まれ続けてますし、

上場出来ずに価値がゼロになったり、

上場したはえーが、草コインになり、

ほとんど価値がなかったりしてますよね~・・・!

(ビジョンや誰が作ったのかが大事!)

 

しかしブームは去り現状の暗号資産は一部を除き、

とうとう投資対象になりつつあり、

過去数千種類の暗号資産が誕生しては消え、

結局今、価値ある暗号資産は、

ビットコインが230万円前後、

そしてイーサリアムが18万4,000前後で、

(2023年1月現在)

ビットコインは辛うじて高値を維持してますし、

ビットコインFX等で取引する人も、

結構居たりしますよね!

 

が、しかし!

実は暗号資産の時価総額は、

メッチャ下がりましたが、

逆に取引量は増えてるんですわ!

 

それは先にも書いた世界情勢への不安や、

暗号資産の可能性にはまだまだ期待してる、

機関投資家が多く見受けられるのが、

現状でもあるんですわ!

 

個人間では「暗号資産は終わってる!」と、

いう人が多いと思いますが、

実は暗号資産は経済動向にあまり(全くでは無い)左右されず、

企業間では期待されてるのが現状なんです!

 

暗号資産の将来性!

 

更に世界最大の運用会社、

「フィデリティ・インベストメンツ」が、

機関投資家向けにアンケートをしたところ、

すでに暗号資産に投資している投資家が約20%、

将来保有したいと答えた投資家が57%で実際に、

海外の富裕層や機関投資家による、

投資の増加が目立ってます!

 

同時期に、米国でAmazonの支払いが、

暗号資産で決済可能になるサービスが発表され、

一般ユーザーの利用が広がっていくんじゃないか!

という見通しが高まり始めてるんですわ!

加えて、昨年末に米国のオハイオ州が税金の支払いを、

暗号資産で認めているんですね!

公的機関が支払いを認めるなら、

これは通貨なんやないかと、

「暗号資産は通貨じゃない!」という定義づけが、

崩れ始めているんですよね!(既に崩れてる!)

 

日本はアメリカの影響を最も受けやすい国で、

日本Amazonや、どっかの自治体が、

税金の支払いを価値ある暗号資産ならOK!

という可能性も高まるかもしれないですね!

 

そして暗号資産ブーム時に、

マイニング」を個人で出来る、

暗号資産があってその代表格が、

日本発祥の「モナコイン」

 

「モナコイン」は3種類のマイニング方法があって、

「ソロマイニング」は個人でも行う事が出来るんですが、

超高性能のPCが必須でグラフィックボードも、

ほぼ業務用の高性能のを使用し

CPU、マザーボード等々も相当なモノを使用し、

電力等もメッチャかかりましたが、

2014年1月1日正式リリースし、

そして無事に上場も果たしました!

 

「モナコイン(MONA)」とは、

掲示板2ちゃんねる(現5ちゃんねる)発祥の、

日本初の暗号資産です!

名前の由来はアスキーアートのキャラクター「モナー」!

ネット文化との繋がりが強く、SNSや掲示板での投げ銭、

NFT・FTの作成や売買など、幅広く利用されていますが、

日本発祥やビジョンは「投げ銭」がメインという事もあって、

日本国内ではネットショップや一部実店舗での支払いが可能な、

ところは少しずつですが増えてて踏ん張ってはいますが、

世界中への流通は厳しかったみたいですね!

 

現在価値は1モナコイン51円前後(1月15日現在)!

最高値は約3,300円前後まで上がったみたいですね!

 

そー言えば「投げ銭」と言えば、

ネットビジネスで(主にSNS)で成功した、

松宮義仁氏が居ましたね!

2016年に「NAGEZENI」という暗号通貨を開発し、

(暗号通貨って結構誰でも作れるらしい!)

¥280,000で1NAGEZENIを販売し、

資金30倍を保証という謳い文句で、

大々的に発表してましたね!

「松宮義仁 NAGEZENI」

その後、「入会金30万円で年収3,000万円保証」という、

悪質な情報商材を売りに出し、

参加した人全員が被害者になり、「被害者の会」が出来、

週刊誌にも叩かれ海外逃亡・・・!

で結局、3億3,000万円の申告漏れで逮捕・・・!

現在は知恵袋でストーキングや中傷行為等を、

やってるみたいです(笑)

 

因みに僕は「ノアコイン」にやられました(苦笑)

ノアコインのアフィリをやったら、

沢山の方々が僕から購入してくれて、

アフィリ報酬をビットコインで受け取るか?

ノアコインで受け取るか?の選択が出来、

今思うとメッチャアホなんですが、

ノアコインを選んでしまったんですよね~・・・(>_<)

 

泉忠司には完全にやられましたわ!

なんせ上場後についた初値で、

泉氏は持ってるノアコインを、

全部売ってたみたいで、(泉氏の親近者情報)

でも会員の方々には「追加発注したし、

必ず上がるからもう少し待った方が・・・!」

なーんて言ってましたからたね(笑)

 

その後、「仮想通貨バイブルDVD」の販売で、

被害者の会が出来て、

東京地方裁判所に提訴されましたしね!

 

いろんな観点から見ると、

開発者の知名度・ビジョンが無い、

暗号資産は消えゆく運命で、

ビジョンや既に揺るぎない、ビットコインや、

マイニングが簡単で価値が上がり、

個人間でも簡単に扱えるようになる、

暗号資産は残っていくかと思われます!

(ビットコインのマイニングは大変過ぎる)

 

今、世界で時代の流れが予想以上に進歩してる!

 

時代はどんどん人々の予想を、

遥かに超える進歩を遂げ始めてます!

 

医療分野では、僕は「肺がんステージ4」で、

余命3カ月宣告を受けましたが、

「免疫チェックポイント阻害薬」の発明で、

もう6年以上生きてますし、

白血病は今や治るのが常識に変わってます!

 

自動車の分野でも自動運転がドンドン認められ始め、

特に日本はインフラ整備で遅れをとってるんで、

日本の各メーカーはEV市場においては遅れてますね!

(日産が頑張ってはいますがね!)

 

EVカー(電気自動車)では、「ワンペダルドライブ」や、

キーを持って近づくだけで自動でドアが開き、

シートに座ると着座センサーにより、

ドアが自動で閉まりスタートボタンを押さずとも、

すぐに走り出せるようになったり、

車内でYouTubeが見れたり、(運転者は見れない!)

Googleと連動させナビを行ったり、

(Googleのナビの方が優秀な場合が多い!)

アップルミュージックが聞き放題や、

(一部の高級EVカー)

車間距離を一定に保つ機能等々が搭載され、

事故率も年々下がってっるのが現状・・・!

 

FXや株式のトレーダーも「AI」を使う、

大手証券会社があったり、

米大手のゴールドマン・サックスには、

500名のトレーダーが在籍してたが、

AIトレードの普及で現在人間のトレーダーは3名のみ!

 

スポーツでもAI技術を取り入れた、

VAR判定がおこなわれていたり・・・!

 

「常識」ってのはドンドンその時代背景によって、

変わっていくもんで、今そのスピードは、

人々の予想を遥かに超えてます!

 

それは暗号資産にも言える事で、

世界初スマホアプリで簡単にマイニング出来る!

しかも完全無料で久々に期待出るのでは?

と専門家や機関投資家から言われてる、

暗号資産がとうとう、出来てしまったんですわ

 

それが今回紹介する、

「PIネットワーク」の「Pi(パイ)」です!

 

せめてあなたは、その流れに乗り遅れないように、

情報収集は欠かさないようにしましょう!

 

パイネットワークの概要!

 

★名前:Pi Network

★独自通貨:π(パイ)

★リリース:2019年3月14日(円周率の「π」3.14)

★アクティブユーザー:3800万人以上(2022年6月現在)

★発行枚数:1,000億枚

★価格:0円(上場未定)

★アクティブユーザー上限数:1億人

ホーム・ページ:https://minepi.com/

 

そして2023年1月15日、Piネットワークの、

アプりのホーム画面が新しくなり。

プロモーション動画が見れるようになりました!

実際に「決済」するところや、セキュリティー面の、

紹介等を紹介してます!

「完全英語版」ですので、「日本語字幕」の追加方法を

説明します(簡単です!)

①動画を再生し一時停止にして画面上に指を持って行く!

②「歯車マーク」をクリック!

③「字幕」を選択

④「英語(自動生成)」を選択!

⑤「字幕(1)」「英語(自動生成)」を選択!

⑥「自動翻訳」を選択!(一瞬、動画が下に行ってしまいます!)

⑦言語が沢山出ますんで下から2番目の「日本語」を選択!

⑧これで「日本語字幕」が出ます!

ちょっとたどたどしく遅いですが見る価値はあると思います!

(上記の方法を覚えれば役に立つかもです!)

スマホの方は横にして見てください!

(支払いはまだ上場してないんで、TEST Piを使用してます!)

再生時間29分!(画面上をタップし歯車マークで再生速度が変えれます!)

Pi Networkは、スマホの無料アプリで、

暗号通貨のマイニングができるサービスです!

特徴としては、24時間毎に1回スマホアプリで、

マイニングボタンをタップすることで、

暗号資産が報酬として貰えます!

マイニング中は特に何もしなくて良く、

スマホアプリを閉じていても問題ありません

 

Pi Networkが期待される一要因として、

世界最大の暗号資産取引所、

「バイナンス」にPiのページが存在してて、

更に記事でも紹介されてる!

更には海外取引所のHotCoinからも上場を示唆する、

ツィートがされてました!

これってPiがその内にどこかの取引所に、

上場する可能性が大いに高いのではないでしょうか!

 

そしてテスラのCEO・ツイッターの代表の、

イーロン・マスク氏や、

世界最大の暗号資産取引所、

「バイナンス」のCEOの、

チャンポン・ジャオ氏が、

良い意味で、

Pi Networkの事を言及してて、

更にイーロン・マスク氏に関しては、

暗号資産市場では密接な関係があります!

2021年の中旬には「shibaコイン」の、

「ツイート」をしたところ、

10,000,000倍も高騰しました!

 

そして、Pi Networkが、

注目を集めている理由は、

イーロン・マスク氏が、

関係している噂があるからです!

 

これに関しては憶測に過ぎませんので、

念の為調査してみました!

 

下記の画像の①②は、

「ツィッターへのツィート!」

③はテスラ社で開発中のスマホの名前が、

「MODELπ(パイ)」

④は、たった2日間しか在籍してなかったが、

「スタンフォード大学に在籍してた!」

 

下記で紹介するパイネットワーク(Pi)を、

開発した中心人物も含め、

3名共にスタンフォード大学出身!

 

上記の事からパイネットワークに「夢」が、

持てる可能性が広がりますよね!

 

流石に影響力は世界一の富豪だけあって、

凄いんでしょうね!

(2023年1月現在はテスラ社の株価が下がり、

総資産約1,800億ドル、日本円で約24兆円で世界2位)

 

パイネットワークのマイニング方法とビジョン!

 

そして今、2019年に立ち上げたプロジェクト、

Pi Network(パイネットワーク)は、

誰もがアクセス可能で、モバイルアプリを通じて、

NOコストでマイニングを開始でき、

すべての暗号資産「Pi(パイ)」は、

ユーザーによって、多くの「Pi(パイ)」が、

マイニング(採掘)されることを目指しています!

 

Pi Network(パイネットワーク)は、

現在ベータ展開の段階にあり、

ホストソフトウェアが、

Piテストネットワークに展開されてます!

 

Pi Network(パイネットワーク)のビジョンは、

ビットコインを凌駕する「P2Pネットワーク」を構築し、

仮想通貨「Pi(パイ)」の価値を、

ビットコインの価値より高くすることでなんですわ

 

なので一部の機関投資家や個人の投資家、

がPi Network(パイネットワーク)は、

「ビットコインを超えるかも!」と、

言ってるらしいです!

 

世界初、スマホのアプリでマイニングを行う?

 

そのマイニングは完全無料で、

今、上場待ちの暗号資産「パイネットワーク」が運営する、

Pi(パイ)はスマホのアプリで誰でもワンタップで、

簡単にマイニングが出来るのが大きな特徴!

「そんなん絶対怪しいわ!」って、

思われる方々がほとんどでしょうが、

1年前から日本でも密かに火がつき、

スマホアプリでマイニングを楽しむ人が、

なーんとメッチャ増えてるのが現状!

 

理由は簡単で、もし仮りに上場を果たしたら、

お小遣い以上のもんが手に入るかも!という期待と、

もしアカンようになっても、1円も損はしないって事で、

僕の所にもある信用出来る人から、

情報が入ったんが去年の12月初旬・・・!

 

暗号資産は基本的に初期費用がかかります!

高騰するかも分からないものに、

数万、数十万というお金を出して、

買ったりするんですが、落ちる時は一瞬ですわ!

億り人になれるチャンスもありますし、

暗号資産には夢がいっぱいですが、

地獄に落ちるのも一瞬なんですよね~!

 

そんな安定しないものにお金を出して買うんで、

暗号資産は投資ではなく「投機」とも言われてるんですわ!

 

そして昨今はブームで痛い目に合った人が多く、

暗号資産と聞くだけで、普通に生活してる人は、

避けて通る人が多勢でしょうかね!

 

そこで「夢をもう一度」という感じで、

登場したんが、今までは考えられない、

スマホアプリでマイニングを行う「Pi(パイ)」!

 

しかし実は、スマホのアプリ内で、

マイニングが行われてるのではなく、

下記にその「カラクリ」を記載してるんで、

それを読んで頂ければ、表題に書いた、

「スマホのアプリでマイニングを行う?」

に「?」を付けた理由が分かると思います!

ただこの発想が「世界初」なんは、

紛れもない事実であります!

 

そしてパイネットワークのPi(パイ)は、

初期費用が全くかかりませんし

その後も費用が、かかる事は一切無く、

24時間に1回、スマホをタップするだけで、

暗号資産が貰えるマイニングアプリなんですわ!

 

ただ世間では「無料程、怖いもんは無い!」とか、

「無料?胡散臭い!」って思うのが、

暗号資産の現状ですわ!

 

「詐欺では?」って思うんは無料なんで、

何を詐欺るんか?って話しになりますしね(笑)

 

無料やからいいや!って気持ちで僕は、

日々、マイニングが日課になりましたわ(笑)

青く囲った部分を24時間に1回、

タップするだけで、

マイニングが実行されます

(上記の画像のモザイクの部分で、

リアルタイムで増えていくのが分るんで、

見てて楽しいです!)

 

スマホのアプリでマイニング出来る!のカラクリ!

 

実はPIネットワークのマイニングは、

スマホのアプリ内でマイニングを、

してる訳ではありません!

 

実は「ブロックチェーン」では、

沢山の分散型のPCで構成されていて、

その中の1つを「NODE」(ノード)や、

「SUPERNODE」(スーパーノード)と、

言われるPCが機能してて、

実際にマイニングしてるのはそのPCであり、

スマホのアプリ内で、

マイニングしてる訳ではありません!

 

24時間に1回マイニングボタンを、

タップする事によって、

「ノード」というPCと通信する事によって、

スマホアプリに表示されてる、

パイの数字等の情報を更新してるんですわ!

 

もし仮にスマホのアプリ内で、

マイニングするとしたら、

スマホのバッテリーが、

すぐに無くなってしまいます!

 

基本、マイニングはもの凄い電力を使うので、

24時間スマホアプリで、

マインニングするんは不可能なんで、

「ノード」というPCと24時間に1回通信する事で、

スマホアプリに反映されるだけで、

実際にマイニングしてるのは、

「ノード」と言われるPCであるんですわ!

 

そーゆーカラクリがあって、

世界初スマホアプリでマイニングが可能!と、

言われる由縁でもあるんです!

 

これらはあくまでも簡単に、

省略した説明である!って事を、

理解してください!

 

Pi Networkのアプリって大丈夫?

 

まず最初に言える事は、スマホが

アンドロイドならば、「Play ストア」、

iPhoneならば「App Store」から、

ダウンロードするんですが、

「Play ストア」も「App Store」も信用第一で、

安心出来るアプリをダウンロード出来るように、

「審査」をやって載せてます!

 

そして上記の「カラクリ」にも書いたように、

PIネットワークのアプリは非常に、

作りが単純で、「ノードPC」と、

通信して管理するだけのアプリなんで、

アプリがスマホの情報を抜き取ったり、

スマホの不具合を誘発したりする事は、

まず無いんで安心してください!

(注)偽物が出回ってるんで、

ダウンロード時に確認してください!

 

アンドロイドの画面!

App Storeの画面!

特に「App Store」の「審査」は厳しく、

「Play ストア」にあっても、

「App Store」には無い!

っていうアプリを多々見かけます!

 

Piのアプリは当然その審査に合格し、

β版とはいえ、正式リリースの、

2019年3月から今まで、

アプリの不具合やスマホに悪影響等の、

報告は全く無いそーです

 

後に「ウォレット作成」等で使う、

「Pi Browser」も同じ事が言えます!

 

僕も去年の12月からダウンロードして、

今日まで使ってますが、

何にも不具合は無いですから、

安心してダウンロードして頂いても、

まず大丈夫でしょうね!

 

Pi Network、Pi(パイ)の弱点や心配な点は無いのか?

 

ぶっちゃけ無料で始められるんで、

さして損する事は無いですが、

パイネットワークは現在テスト段階の、

プロジェクトなんで、テスト段階も佳境に入り、

マイニングの過程の後半で、

「KYC」という「本人確認」があります!

 

「参加を悩む人」や「躊躇する人」の多くは、

「個人情報の漏洩」や「悪質なメール」、

「入れた覚えの無いアプリが入ってたり!」等を、

心配してるからやと思います!

 

「KYC」ただ本人確認をするだけで、

それらの個人情報を抜き取る事は、

まず無いらしいです!

なので、「情報漏洩の可能性」は、

「超」メッチャ低いかと思われます!

 

そして僕は参加して2か月弱が経ちますが、

「変なメール」や「悪質なメール」、

「スマホの故障」や、入れた覚えの無い、

「アプリ」が入ったり等々は、一切無いんで、

安心して頂いてえーかと思われます!

(2023年1月16日現在!)

 

KYCがあるタイミングは

スタート順ではなく

ランダムに行われるらしいです!

 

でもよーく考えてください!

 

上場したらその上場先の、

取引所に口座を開かなくてはならんのです!

その時の個人情報の綿密さの方が多いって事!

 

すなわち個人情報漏洩は、

株やFXをやるにしても証券会社の、

口座を開くように暗号資産でも、

取引所の口座を開かないと、

Pi(パイ)をリアルマネーに換金する事さえ、

出来ませんから、そこは安心してえーかと思われます!

 

Pi Network(Pi(パイ))を利用するには、

専用アプリでの本名の登録が必須です!

たとえばビットコインでは、取引を行う際に、

取引所などで本人確認が行われますが、

これはあくまで法律等に基づき行われるもので、

個人情報は取引所に保管されます!

「ブロックチェーン」の仕組みからいえば、

基本的には本名など個人情報は不要ですが、

たとえ「ブロックチェーン」が攻撃を受けて、

ブロック内の情報が抜き取られたとしても、

その中に個人情報が含まれることはありません!

あくまでもPi(パイ)の個人情報は、

アプリ内の中での問題で、

KYCが行われる段階で必須項目になります!

 

今や「カード会社」や「メガバンク」等でさえ、

Pi(パイ)より細かなあなたの、

個人情報が漏洩される時代・・・(>_<)

 

ただその反面もし本物やったら?

 

巷では「ビットコインに匹敵するかも!」とも言われ、

上記の「概要」にも書きましたが、

あのテスラのCEO・ツイッターの代表である、

イーロン・マスク氏や、

世界最大の暗号資産取引所のバイナンスのCEO、

チャンポン・ジャオ氏も、良い意味で、

パイネットワークに言及してますから、

大儲け出来るかも!の可能性の方が、

高いかと思われます!

 

例え上場してちょっとしか値がつかなくても、

今からマイニングしてればそこそこの、

お小遣いにはなるかと思います!

 

って事で、今のところ「弱点」は、

僕が思うに「無い!」し、

「心配する事も無い!」と思われます!

 

値がつかない可能性も無きにしも非ず!ですが、

その場合でもあなたが損する事は、

1円たりともありませんので、

ご安心してくださいな(*^^)v

 

Pi(パイ)の価格予想!

 

取引所での取引がないため、

Pi(パイ)の将来の価格予想は非常に難しいと思われ、

価格予想サイトなどでも掲載されていません!

ただCoinDataFlowでは、

現在のパイ(Pi Network)の価格を、

「$0.6962」と予想しています!

(2022年10月26日現在)

(参考)CoinDataFlow

今後上場されれば、複数のデータに基づいた、

予想がなされていくと思われます!

 

そしてCoinDataFlowのグラフを見ると、

上場直後に売るんでは無く、

そこはじっと我慢して価格推移を見ながら、

売り時を考えるのが適切かと・・・!

なんせ目標が「ビットコイン」を超える!ですから!

 

暗号資産の時価総額を加味した人気ランキング!

 

あれだけブームになった暗号資産・・・!

当時は全ての暗号資産に夢がありましたが、

今は、ビットコインを筆頭に、

イーサリアム等々、期待出来る、

暗号資産は数えられる程に減りました!

 

2023年1月の段階の時価総額人気ランキングは、

1位⇒ビットコイン(BTC)

2位⇒イーサリアム(ETH)

3位⇒テザー(USDT)

4位⇒USD Coin(USDC)

5位⇒Binance Coin(BNB)

 

それぞれの現在の価格や特徴は、

「仮想通貨の時価総額とは?現在の、

ランキングや将来性の高いおすすめ銘柄も!」を、

参考にしてください!(引用元、(株)ウィルズ・コーポレート)

 

パイネットワーク「Pi(パイ)」の開発者って誰?

 

左から、

スタンフォード大学およびイエール大学で、

政治およびビジネスを専攻していた、

★ビンセント 氏!

スタンフォード大学のコンピューター人類学専攻の、

★ファン氏

スタンフォード大学のブロックチェーン研究専攻の、

★ニコラス氏

 

ニコラス氏は同大学で博士号や修士号を取得し、

2011年に設立された学生スタートアップ支援団体、

StartXの創設チームメンバーでありCTOだった方です。

このStartXは世界的大企業含む数百社から、

資金提供を受けています(公式サイトで確認)

 

ビットコインは、サトシ ナカモトを、

名乗る人物が開発者ですが、

いまだに身元も解らずにいるものと比べれば、

格段に信用度がま増しますよね!

 

スタンフォードと言えば、

世界ランク2位の大学です。

ちなみに1位はハーバード大学で、

3位はイギリスのケンブリッジ大学です。

因みに、日本の東大は22位です。

 

実は2位と言ってもコンピューター工学は、

おそらく世界ランク1位ではないでしょうかね!

 

「Pi(パイ)」が既に取引所に上場されてる?の真実は!

 

2023年1月2日のアプリのトップ画面で、

Piコアチームからのメッセージが、

今、色んな意味で注目されてます!

青く囲った部分を翻訳すると、

「@PiCoreTeam

1月2日-午前6時8分

明けましておめでとう皆さん!

私たちはPiにとても興奮しています!

2023年に向けたネットワークの進歩状況。

「更新」をタップして、最近の年末の技術および、

製品の最新情報をお読みください。

これは、重要な開発の多く(すべてではない)を、

レビューし、外部接続が存在しない、

エンクローズドネットワーク期間の、

「構築」を強調しています。

またはメインネットのファイアウォールが原因で、

上場が不可能です。

また、公式のPiニュースソースのみを、

信頼することも忘れないでください。」

 

要は「または~公式のPiニュースソースのみを信頼~」

ここが、最近の年末の6カ所の取引所の上場を、

完全否定してる事を強調してます!

 

じゃあ6カ所の取引所って?

★「Huobi」

★「BitMart」

★「Hotcoin Global」

★「Biconomy Exchange」

★「XT.COM」

★「SuperEx」

「Huobi」や「XT.COM」・「BitMart」は、

結構大手の取り引き所なんですけど、

Piコアチームの承認無しに、上場してる!

「これってどーなの?」というユーザーが多く、

それに対してPiコアチームは、

「危険ですよ!承認してない!」という、

メッセージを流したので、「Huobi」とかと、

Piコアチームが裏で繋がってる!という憶測や噂が、

流れてて、皆さんが不安に陥ってるらしく、

2023年の1月2日のPiコアチームの、

メッセージで完全否定する!という、

事態になったらしいです!

 

実際には各取引所は勝手に上場し、

「取引所内での取引のみ可能」で、

「入出金」は出来なくなってるのが事実ですわ!

 

「コインマーケットキャップ」ではこの件を、

「記事」にしており、

Piのメインネットへの移行がまだ、

閉鎖段階にあるにも関わらず、

Piコインを取引用に勝手にリストアップしてる!

 

それに対して、Piコアチームは、

「どの取引所からも連絡は受けてないこと、

ユーザーは本物のPiを使用していると主張する、

各取引所に注意する必要があることを、

確認しました。

Piネットワークには外部接続やサードパーティーの、

アウトレットがないため、トレーダーは注意が必要」という、

「警告」を各取引所やトレーダーに出しているのが現状です!

 

「Huobi」とかの大手取引所が、

そんな勝手な事を本当にするのか?

とある暗号資産に精通してる人の考察は、

「取引所の独断で勝手に取引のみ開始し、

取引したPiは出金も入金も出来ない、

「先物」みたいな扱いをしてる!」と・・・!

 

暗号資産は「非中央集権」であるため、

Piがオープンメインネットをローンチすれば、

Piコアチームが非認証であっても、ネットワークに、

接続出来る!ってのがブロックチェーン・暗号資産の、

最大の特徴・メリットであるため、

このような事態が発生した!ってのが本当のとこですわ!

 

それだけ「Pi(パイ)」が世界の取引所&、

世界中の注目を集めてる!という事が分るかと思われます!

ある意味、ポジティブに考えると、

Pi(パイ)への期待感が高まる事件でもあります!

 

Piコアチームは各取引所にリストから削除するように!という

「警告文」を発しましたが、強制的に辞めさせるは、

ブロックチェーン・暗号資産の最大の特徴・メリットであるため、

出来ないのがPiコアチームの歯がゆいとこでもあるんですわ!

 

これらが「上場してる?」の真実で、

正式上場はまだしてないし、

正式上場は、もう少し先に、

なるかと想われます!

 

パイネットワーク「Pi(パイ)」のホワイトペーパー!

 

★メッチャ長いし、さして重要では無いんで

次の項目「あなたの参加方法」まで、

飛ばしてください!

(メッチャ長く決して難しくは無いんですが、

興味のある方だけ読んでくださいな!)

 

なぜ「ホワイトペーパー」が重要なんか?

 

仮想通貨の発行主体は新たに仮想通貨を発行する際、

発行する仮想通貨にどのような特徴があるのかを、

対外的に説明するため、「ホワイトペーパー」を、

発行するんです!

一般的には、その仮想通貨の意義や目的、

販売方法などを説明するものとして、公開される!

「ホワイトペーパー」には、

想定している流通規模や目指す目的を実現に至るまでの、

ロードマップなども記されており、

当該仮想通貨に将来性があるかを見極める判断材料を得られる!

 

その「ホワイトペーパー」がある場所は、

アプリ内の、下記にしっかりあります!

(注)ホーム画面は、マイニングした、

Pi(パイ)の数や招待コードで招待した人の数で、

随時、変わります!

 

全てが英文なんで、

訳した文章を載せておきますね!

 

 前書き

 問題:第1世代の暗号通貨のアクセシビリティ

 解決策:Pi-マイニングがモバイル化

 Pi経済モデル:希少性とアクセスのバランス

 ユーティリティ:p2pで未開発のリソースを収益化する

 ガバナンス-人々のための、そして人々による通貨

 ロードマップ/展開計画

 2019年3月14日のドラフト1

 序文

 世界がますますデジタル化するにつれて、

暗号通貨はお金の進化における次の自然なステップです。

  Piは、日常の人々にとって最初のデジタル通貨であり、

世界中で暗号通貨の採用が大きく前進したことを表しています。

 私たちの使命:日常の人々によって保護および運用される、

暗号通貨およびスマートコントラクトプラットフォームを構築します。

 私たちのビジョン:世界で最も広く使用されている、

暗号通貨であるPiを活用して、

世界で最も包括的なピアツーピアマーケットプレイスを構築する

 より高度な読者のための免責事項:Piの使命は可能な限り、

包括的であることであるため、

この機会にブロックチェーン初心者にウサギの穴を紹介します。

 はじめに:暗号通貨が重要な理由

 現在、私たちの日常の金融取引は、

取引の記録を維持するために信頼できる、

第三者機関に依存しています。

たとえば、銀行取引を行う場合、

銀行システムは記録を保持し、

取引が安全で信頼できることを保証します。

同様に、CindyがPayPalを使用して5ドルをSteveに送金する場合、

PayPalは、Cindyのアカウントから引き落とされた5ドルと、

Steveのアカウントに貸方記入された5ドルの中央記録を維持します。

銀行、PayPal、および現在の経済システムの他のメンバーなどの仲介業者は、

世界の金融取引を規制する上で重要な役割を果たしています。

 ただし、これらの信頼できる仲介者の役割にも制限があります。

 不当な価値の獲得。

これらの仲介業者は数十億ドルの富の創出を蓄積しますが、

(PayPalの時価総額は約1,300億ドル)、

実質的に何も顧客に渡しません。

ますます多くの人々が遅れをとっています。

 料金。 銀行や企業は、取引を容易にするために、

多額の手数料を請求します。

これらの料金は、選択肢が最も少ない低所得者層に、

不釣り合いに影響を与えることがよくあります。

 検閲。 特定の信頼できる仲介業者があなたがあなたのお金を、

動かすことができないはずであると決定するならば、

それはあなたのお金の動きに制限を課すことができますし、

許可されています。

信頼できる仲介者は、誰もがネットワークに参加するのを恣意的に、

防ぐことができるゲートキーパーとして機能します。

 偽名。 プライバシーの問題がますます緊急になっているとき、

これらの強力なゲートキーパーは、

あなたが望むよりも多くのあなた自身に関する、

財務情報を誤って開示するか、

またはあなたに開示を強制する可能性があります。

 匿名のプログラマー(またはグループ)の中本聡が、

2009年に立ち上げたビットコインの、

「ピアツーピア電子現金システム」は、

お金の自由のための分水嶺の瞬間でした。

歴史上初めて、第三者や信頼できる仲介業者を必要とせずに、

人々は安全に価値を交換することができました。

ビットコインで支払うということは、

スティーブとシンディのような人々が、

制度上の料金、妨害、侵入を回避して、

お互いに直接支払うことができることを意味しました。

ビットコインは真に境界のない通貨であり、

新しい世界経済に力を与え、結びつけました。

 分散型元帳の概要

 ビットコインは、分散レコードを使用することで、

この歴史的な偉業を達成しました。

現在の金融システムは伝統的な中央の真実の記録に依存していますが、

ビットコインの記録は、この公開元帳にアクセスして更新する、

「検証者」の分散コミュニティによって維持されています。

ビットコインプロトコルを、

この分散コミュニティによって検証および維持された、

トランザクションの記録を含む、

グローバルに共有された「Googleスプレッドシート」として、

想像してみてください。

 ビットコイン(および一般的なブロックチェーンテクノロジー)のブレークスルーは、

記録がコミュニティによって維持されている場合でも、

このテクノロジーにより、詐欺師が誤ったトランザクションを記録したり、

システムを追い越したりできないように、

真実のトランザクションについて常に合意に達することができることです。

この技術の進歩により、トランザクションの、

財務上のセキュリティを損なうことなく、

一元化された仲介者を排除することができます。

 分散型元帳の利点

 一般的な分散化、ビットコイン、または暗号通貨に加えて、

プロトコルのさまざまな実装に基づいて、

さまざまな暗号通貨がいくつかのプロパティで強く、

他のプロパティで弱い場合がありますが、

お金をよりスマートかつ安全にするいくつかの、

優れたプロパティを共有します。

暗号通貨は、公的にアクセス可能な、

アドレスで識別される暗号ウォレットに保持され、

秘密鍵と呼ばれる非常に強力な秘密パスワードによって保護されます。

この秘密鍵は暗号でトランザクションに署名し、

不正な署名を作成することは事実上不可能です。

これにより、セキュリティと捕捉不能性が提供されます。

政府当局によって押収される可能性のある従来の銀行口座とは異なり、

ウォレット内の暗号通貨は、

秘密鍵がないと誰にも奪われることはありません。

暗号通貨は、誰でもネットワーク内の、

任意のコンピューターにトランザクションを、

送信して記録および検証できるため、

分散型であるため検閲に耐性があります。

トランザクションの各ブロックは、

それ以前に存在していた以前のすべての、

ブロックの暗号証明(ハッシュ)を表すため、

暗号通貨トランザクションは不変です。

誰かがあなたにお金を送ったら、

彼らはあなたに彼らの支払いを盗むことはできません。

(つまり、ブロックチェーンで小切手をバウンスすることはありません)

一部の暗号通貨は、アトミックトランザクションをサポートすることもできます。

これらの暗号通貨の上に構築された「スマートコントラクト」は、

施行のために法律に依存するだけでなく、

公的に監査可能なコードを通じて直接施行されるため、

信頼性が低くなり、多くのビジネスの仲介者を排除できる可能性があります。

不動産のエスクロー。

 分散型元帳の保護(マイニング)

 トランザクションの分散記録を維持する上での課題の1つはセキュリティです。

具体的には、不正行為を防止しながら、

オープンで編集可能な元帳を作成する方法です。

この課題に対処するために、

ビットコインはマイニングと呼ばれる新しいプロセスを導入し、

(コンセンサスアルゴリズム「プルーフオブワーク」を使用)

トランザクションの共有レコードを更新するために、

誰が「信頼」されているかを判断します。

 マイニングは、トランザクションをレコードに追加しようとするときに、

「検証者」にそのメリットを証明させる、

一種の経済ゲームと考えることができます。

資格を得るには、検証者は一連の複雑な計算パズルを解く必要があります。

最初にパズルを解く検証者は、

トランザクションの最新のブロックを投稿することを許可されることで報われます。

最新のトランザクションブロックを投稿することで、

検証者はブロック報酬を「マイニング」できます。

現在は12.5ビットコイン(または執筆時点では約$ 40,000)です。

 このプロセスは非常に安全ですが、

ユーザーがより多くのビットコインを獲得する計算パズルを解くために、

本質的に「お金を燃やす」ため、

膨大な計算能力とエネルギー消費が必要になります。

燃焼対報酬の比率は非常に懲罰的であるため、

ビットコインの記録に正直な取引を、

投稿することは常に検証者の自己利益になります。

 問題:電力とお金の集中化により、

第1世代の暗号通貨が手の届かないところに置かれる

 ビットコインの初期の頃、

トランザクションの検証と最初のブロックの、

マイニングに取り組んでいたのはほんの数人でしたが、

パーソナルコンピューターで、

ビットコインマイニングソフトウェアを実行するだけで、

誰でも50BTCを獲得できました。

通貨の人気が高まり始めたとき、

賢い鉱山労働者は、複数のコンピューターを使って採掘することで、

より多くの収入を得ることができることに気づきました。

 ビットコインの価値が高まり続けるにつれて、なした。

知られているこれらの巨大な鉱業会社の出現は、

ビットコインゴールドラッシュを駆り立て、

日常の人々がネットワークに貢献して、

報酬を得るのを非常に困難にしました。

彼らの努力はまた、ますます大量の、

コンピューティングエネルギーを消費し始め、

世界中で環境問題の高まりに貢献しました。

 ビットコインのマイニングの容易さと、

それに続くビットコインマイニングファームの台頭により、

ビットコインのネットワークにおける生産力と、

富の大規模な集中化が急速に実現しました。

いくつかのコンテキストを提供するために、

すべてのビットコインの87%がネットワークの1%によって所有されており、

これらのコインの多くは初期の頃は事実上無料で採掘されていました。

別の例として、ビットコインの最大の採掘事業の1つである、

ビットメインは数十億の収益と利益を上げています。

 ビットコインのネットワークに電力を集中化すると、

平均的な人にとっては非常に困難で費用がかかります。

ビットコインを取得したい場合、最も簡単なオプションは次のとおりです。

 自分で採掘してください。

専用のハードウェアを接続して(興味があれば、Amazonのリグです!)、

町に行ってください。

世界中の大規模なサーバーファームと競争し、

スイスの国と同じくらい多くのエネルギーを消費するため、

多くを採掘することはできません。

 取引所でビットコインを購入します。

今日、あなたは執筆時点で$ 3,500 /コインの単価で、

ビットコインを購入することができます。

(注:ビットコインの端数を購入することができます!)

もちろん、ビットコインの価格としてそうすることでかなりの、

リスクを負うことになります かなり不安定です。

 ビットコインは、

暗号通貨が現在の財務モデルをどのように混乱させ、

第三者が邪魔することなく取引を行うことができるかを最初に示しました。

自由、柔軟性、プライバシーの向上は、

新しい規範としてのデジタル通貨への必然的な前進を推進し続けています。

その利点にもかかわらず、

ビットコインの(おそらく意図しない)お金と力の集中は、

主流の採用に対する意味のある障壁を提示します。

  Piのコアチームは、

人々が暗号通貨の分野に参入することを躊躇する理由を、

理解するための調査を実施しました。

人々は一貫して、投資/鉱業のリスクを参入障壁として挙げていました。

 解決策:Pi-携帯電話でマイニングを有効にする

 採用に対するこれらの主要な障壁を特定した後、

Piコアチームは、日常の人々がマイニングできるようにする、

(またはトランザクションの分散レコードで、

トランザクションを検証することで暗号通貨の報酬を獲得する)

方法を見つけることに着手しました。

復習として、トランザクションの分散レコードを、

維持することで発生する主要な課題の1つは、

このオープンレコードの更新が不正ではないことを確認することです。

その記録を更新するためのビットコインのプロセスは証明されていますが、

(信頼性を証明するためにエネルギー/お金を燃やす)、

それはあまりユーザー(または惑星!)に優しいものではありません。

  Piについては、

コンセンサスアルゴリズムを採用するという追加の設計要件を導入しました。

これは、非常にユーザーフレンドリーであり、

理想的にはパーソナルコンピューターや携帯電話でのマイニングを可能にします。

 既存のコンセンサスアルゴリズム、

(トランザクションを分散型元帳に記録するプロセス)を比較すると、

Stellar Consensus Protocolが、

ユーザーフレンドリーなモバイルファーストマイニングを可能にする、

主要な候補として浮上しています。

 Stellar Consensus Protocol(SCP)は、

Stellar DevelopmentFoundationの、

チーフサイエンティストを兼務する、

スタンフォード大学のコンピューターサイエンスの教授である、

DavidMazièresによって設計されました。 

SCPは、Federated Byzantine Agreementsと呼ばれる、

新しいメカニズムを使用して、

分散型元帳の更新が正確で信頼できるものであることを保証します。 

SCPは、2015年から運用されている、

Stellarブロックチェーンを通じて実際に展開されています。

 コンセンサスアルゴリズムの簡単な紹介

 Piコンセンサスアルゴリズムの紹介にジャンプする前に、

コンセンサスアルゴリズムがブロックチェーンに対して何を行うか、

および今日のブロックチェーンプロトコルが、

一般的に使用するコンセンサスアルゴリズムの、

タイプについて簡単に説明しておくと役立ちます。

ビットコインとSCP。

このセクションは、わかりやすくするために過度に単純化された方法で、

明示的に記述されており、完全ではありません。

より高い精度については、

以下の「SCPへの適応」セクションを参照し、

恒星のコンセンサスプロトコルペーパーをお読みください。

 ブロックチェーンは、

トランザクションのブロックのリストを完全に順序付けることを、

目的としたフォールトトレラントな分散システムです。

フォールトトレラント分散システムは、

何十年にもわたって研究されてきた、

コンピュータサイエンスの分野です。

それらは集中型サーバーを持たないため、

分散システムと呼ばれますが、代わりに、

ブロックの内容と全体的な順序について合意に達する必要がある、

コンピューター(ノードまたはピアと呼ばれる)の分散型リストで構成されます。

これらは、システム内のある程度の障害のある、

ノードを許容できるため、

フォールトトレラントとも呼ばれます。

(たとえば、ノードの最大33%が障害を起こし、

システム全体が引き続き正常に動作します)。

 

コンセンサスアルゴリズムには大きく分けて、

2つのカテゴリがあります。

次のブロックを生成するリーダーとしてノードを選択するものと、

明示的なリーダーはないがすべてのノードが投票を交換した後に、

次のブロックが何であるかについてコンセンサスに達するものです。

コンピュータメッセージを相互に送信します。 

(厳密に言えば、最後の文には複数の不正確さが含まれていますが、

それは私たちが幅広いストロークを説明するのに役立ちます。)

 ビットコインは、

最初のタイプのコンセンサスアルゴリズムを使用します。

すべてのビットコインノードは、

暗号パズルを解く際に互いに競合しています。

解はランダムに見つかるため、基本的に、

最初に解を見つけたノードが、偶然に、

次のブロックを生成するラウンドのリーダーに選出されます。

このアルゴリズムは「プルーフオブワーク」と呼ばれ、

多くのエネルギーを消費します。

 ステラコンセンサスプロトコルの簡単な紹介

 Piは、他のタイプのコンセンサスアルゴリズムを使用し、

Stellar Consensus Protocol(SCP)および、

Federated Byzantine Agreement(FBA)と呼ばれる、

アルゴリズムに基づいています。

このようなアルゴリズムにはエネルギーの浪費はありませんが、

ノードが次のブロックのあり方について「コンセンサス」を得るには、

多くのネットワークメッセージを交換する必要があります。

各ノードは、トランザクションが有効かどうかを個別に判断できます。

暗号署名とトランザクション履歴に基づいて、

移行と二重支払いを行う権限。

ただし、コンピュータのネットワークが、

ブロックに記録するトランザクションと、

これらのトランザクションとブロックの、

順序について合意するには、

相互にメッセージを送信し、

合意に達するために複数回の投票を行う必要があります。

直感的には、

次のブロックに関するネットワーク内のさまざまな、

コンピューターからのこのようなメッセージは、

次のようになります。

「ブロックAを次のブロックに投票することを提案します」。 

「私はブロックAを次のブロックに投票します」; 

「信頼できるノードの大部分がブロックAにも投票したことを確認します」。

これにより、コンセンサスアルゴリズムにより、

このノードは「Aは次のブロックです。

そして、次のブロックとしてA以外のブロックはあり得ません。」;

上記の投票手順は多くあるように見えますが、

インターネットは十分に高速であり、

これらのメッセージは軽量であるため、

このようなコンセンサスアルゴリズムは、

ビットコインのプルーフオブワークよりも軽量です。

このようなアルゴリズムの代表的なものの1つは、

ビザンチンフォールトトレランス(BFT)と呼ばれます。

今日の上位のブロックチェーンのいくつかは、

NEOやRippleなどのBFTのバリアントに基づいています。

 

BFTに対する主な批判の1つは、

集中化のポイントがあることです。

投票が含まれるため、投票の「クォーラム」に参加するノードのセットは、

システムの作成者によって最初に集中的に決定されます。 

FBAの貢献は、中央で決定されたクォーラムを1つ持つ代わりに、

各ノードが独自の「クォーラムスライス」を設定し、

それが異なるクォーラムを形成することです。

新しいノードは分散型の方法でネットワークに参加できます。

信頼するノードを宣言し、

他のノードに信頼するように説得しますが、

中央の権限を説得する必要はありません。

 SCPはFBAの1つのインスタンスです。

ビットコインのプルーフオブワークコンセンサスアルゴリズムのように、

エネルギーを燃焼する代わりに、

SCPノードはネットワーク内の他のノードを信頼できるものとして、

保証することで共有レコードを保護します。

ネットワーク内の各ノードは、

信頼できると見なされるネットワーク内の他のノードで構成される、

クォーラムスライスを構築します。

クォーラムはそのメンバーのクォーラムスライスに基づいて形成され、

バリデーターは、クォーラム内のノードの一部も、

トランザクションを受け入れる場合にのみ、

新しいトランザクションを受け入れます。

ネットワーク全体の検証者がクォーラムを構築すると、

これらのクォーラムは、

ノードがセキュリティを保証する、

トランザクションについてコンセンサスに達するのに役立ちます。 

SCPのこの技術概要をチェックすることで、

Stellar ConsensusProtocolの詳細を学ぶことができます。

 ステラコンセンサスプロトコル(SCP)へのPiの適応

 Piのコンセンサスアルゴリズムは、

SCPの上に構築されます。 

SCPは正式に証明されており[Mazieres2015]、

現在はStellarNetwork内に実装されています。

主に企業や機関(IBMなど)をノードとして、

構成するStellar Networkとは異なり、

Piは、携帯電話、ラップトップ、コンピューターなど、

個人のデバイスがプロトコルレベルで貢献し、

報酬を得ることができるようにすることを目的としています。

以下は、PiがSCPを適用して個人による、

マイニングを可能にする方法の概要です。

 Piマイナーとして、Piユーザーが果たすことができる4つの役割があります。

すなわち:

 

開拓者。日常的に「ロボット」ではないことを確認しているだけの、

Piモバイルアプリのユーザー。

このユーザーは、アプリにサインインするたびに自分の存在を確認します。

また、アプリを開いてトランザクションをリクエストすることもできます。

(たとえば、Piで別のパイオニアに支払いを行う)

 寄稿者。 知っている信頼できるパイオニアのリストを、

提供することで貢献しているPiモバイルアプリのユーザー。

全体として、Piの貢献者はグローバルな信頼グラフを作成します。

 大使。 他のユーザーをPiネットワークに紹介しているPiモバイルアプリのユーザー。

 ノード。  Piモバイルアプリを使用するパイオニアであり、

寄稿者であり、デスクトップまたはラップトップコンピューターで、

Piノードソフトウェアを実行しているユーザー。

 Piノードソフトウェアは、

コントリビューターによって提供された信頼グラフ情報を考慮に入れて、

コアSCPアルゴリズムを実行するソフトウェアです。

 ユーザーは、上記の役割を複数果たすことができます。

すべての役割が必要であるため、

すべての役割は、その特定の日に参加して貢献した限り、

毎日新しく作成されたPiで報われます。

貢献の報酬として新たに鋳造された通貨を受け取るユーザーである、

「マイナー」の大まかな定義では、

4つの役割すべてがパイマイナーと見なされます。 

「マイニング」は、

ビットコインやイーサリアムのように、

プルーフオブワークコンセンサスアルゴリズムを実行することと、

同等の従来の意味よりも広く定義されています。

 まず、PiNodeソフトウェアがまだリリースされていないことを、

強調する必要があります。

したがって、このセクションは、建築設計として、

および技術コミュニティからのコメントを、

求めるための要求として提供されます。

このソフトウェアは完全にオープンソースであり、

ここで入手できるオープンソースソフトウェアでもある、

恒星の核にも大きく依存します。

これは、コミュニティの誰もがそれを読んだり、コメントしたり、

改善を提案したりできることを意味します。

以下は、個々のデバイスによるマイニングを可能にするために、

Piが提案したSCPの変更です。

 ノード

 読みやすくするために、正しく接続されたノードを、

SCPペーパーが無傷のノードと呼んでいるものと定義します。

また、読みやすくするために、メインのPiネットワークを、

Piネットワーク内のすべてのインタクトノードのセットとして定義します。

各ノードの主なタスクは、メインのPiネットワークに正しく接続されるように、

構成する必要があります。

直感的には、メインネットワークに誤って接続されているノードは、

メインビットコインネットワークに接続されていない、

ビットコインノードに似ています。

 SCPの用語では、ノードが正しく接続されるためには、

このノードを含むすべての結果のクォーラムが、

既存のネットワークのクォーラムと交差するように、

このノードが「クォーラムスライス」を、

選択する必要があることを意味します。

より正確には、ノードvn + 1は、

n + 1ノード(v1、v2、…、vn)の結果のシステムN ‘の場合、

すでに正しく接続されているn個のノード(v1、v2、…、vn)の、

メインネットワークNに正しく接続されています。

  +1)クォーラム交差を楽しんでいます。

つまり、N ’は、クォーラムのいずれか2つがノードを共有している場合、

クォーラムの交差を楽しんでいます。

つまり、すべてのクォーラムU1およびU2について、U1∩U2≠∅。

 

 既存のStellarコンセンサス展開に対するPiの主な貢献は、

メインのPiネットワークに接続するための構成をセットアップするときに、

Piノードが使用できる情報としてPiコントリビューターによって、

提供される信頼グラフの概念を導入することです。  

 これらのノードは、

クォーラムスライスを選択するときに、

独自のセキュリティサークルを含め、

コントリビューターによって提供される、

信頼グラフを考慮する必要があります。

この決定を支援するために、

ノードを実行しているユーザーが可能な限り情報に基づいた決定を行うのを、

支援する補助グラフ分析ソフトウェアを提供する予定です。

このソフトウェアのゆ毎日の出力には、次のものが含まれます。

 信頼グラフ内の現在のノードからの距離順に並べられた、

ノードのランク付けされたリスト。

信頼グラフ内のノードのページランク分析に基づく、

ノードのランク付けされたリスト

 コミュニティによって何らかの形で障害があると報告された、

ノードのリストネットワークに参加しようとしている新しいノードのリスト

 キーワード「不正なPiノード」およびその他の関連キーワードに関する、

Webからの最新の記事のリスト。 

StellarBeatクォーラムモニターに表示されるものと、

同様のPiネットワークを構成するノードの視覚的表現[ソースコード]

 QuorumExplorer.comに似たクォーラムエクスプローラー[ソースコード]

 

StellarBeat Quorumモニターにあるようなシミュレーションツールは、

現在のノードの構成が変更されたときに、

このノードのPiネットワークへの接続に予想される結果の影響を示します。

 今後の作業で興味深い研究課題は、

信頼グラフを考慮して各ノードに最適な構成を提案したり、

その構成を自動的に設定したりできるアルゴリズムを開発することです。

Pi Networkの最初の展開では、

ノードを実行しているユーザーはいつでもノード構成を更新できますが、

構成を毎日確認するように求められ、

適切と思われる場合は更新するように求められます。
 

モバイルアプリユーザー

パイオニアは、特定のトランザクションが実行されたことを、

確認する必要がある場合(たとえば、Piを受信したこと)、

モバイルアプリを開きます。

その時点で、モバイルアプリは1つ以上のノードに接続して、

トランザクションが元帳に記録されているかどうかを確認し、

そのブロックの最新のブロック番号とハッシュ値を取得します。

そのパイオニアがノードも実行している場合、

モバイルアプリはそのパイオニア自身のノードに接続します。

パイオニアがノードを実行していない場合、アプリは複数のノードに接続し、

この情報をクロスチェックします。 パイオニアは、

アプリを接続するノードを選択することができます。

ただし、ほとんどのユーザーにとって簡単にするために、

アプリには適切なデフォルトのノードセットが必要です。

信頼グラフに基づいてユーザーに最も近いノードの数と、

ページランクの高いノードのランダムな選択。

モバイルパイオニアのデフォルトのノードセットを、

どのように選択するかについて、フィードバックをお寄せください。

 マイニング報酬

 SCPアルゴリズムの美しい特性は、

ブロックチェーンよりも一般的であるということです。

これは、ノードの分散システム全体でコンセンサスを調整します。

つまり、同じコアアルゴリズムを数秒ごとに使用して、

新しいトランザクションを新しいブロックに記録するだけでなく、

より複雑な計算を定期的に実行することもできます。

たとえば、週に1回、恒星ネットワークは、

それを使用して恒星ネットワークのインフレを計算し、

新しく作成されたトークンを、

すべての恒星コインホルダーに比例して割り当てます。

(ステラーのコインはルーメンと呼ばれます)

同様に、Piネットワークは1日1回SCPを使用して、

特定の日に積極的に参加したすべてのPiマイナー、

(パイオニア、コントリビューター、アンバサダー、ノード)

全体のネットワーク全体の新しいPi分布を計算します。

つまり、Piマイニングの報酬は、

ブロックチェーンのすべてのブロックではなく、

1日1回だけ計算されます。

 比較のために、

ビットコインはすべてのブロックにマイニング報酬を割り当て、

計算量の多いランダム化されたタスクを解決できるほど幸運だった、

マイナーにすべての報酬を与えます。

現在12.5ビットコイン(〜$ 40K)のビットコインでのこの報酬は、

10分ごとに1人の鉱夫にのみ与えられます。

これにより、特定の鉱夫が報酬を得る可能性は非常に低くなります。

その解決策として、ビットコインマイナーは、

一元化されたマイニングプールに編成されています。

これらはすべて処理能力に貢献し、報酬を受け取る可能性を高め、

最終的にはそれらの報酬を比例的に共有します。

マイニングプールは一元化のポイントであるだけでなく、

そのオペレーターは個々のマイナーに行く量を減らす削減を取得します。 

Piでは、マイニングプールは必要ありません。

これは、貢献したすべての人が新しいPiの、

実力主義的な配布を1日1回取得するためです。

 取引手数料

 ビットコイン取引と同様に、Piネットワークでは料金はオプションです。

各ブロックには、含めることができるトランザクションの数に、

一定の制限があります。

トランザクションのバックログがない場合、

トランザクションは無料になる傾向があります。

ただし、トランザクションがさらにある場合、

ノードはそれらを有料で注文し、

最も高い料金のトランザクションを一番上に置き、

生成されたブロックに含まれる一番上の、

トランザクションのみを選択します。

これはそれを公開市場にします。

実装:料金は1日1回ノード間で比例的に分割されます。

すべてのブロックで、各トランザクションの料金は、

一時的なウォレットに転送され、

そこから1日の終わりにその日のアクティブなマイナーに分配されます。

このウォレットには不明な秘密鍵があります。

そのウォレットに出入りするトランザクションは、

コンセンサスが毎日新しいPiを作成するのと同じように、

すべてのノードのコンセンサスの下で、

プロトコル自体によって強制されます。

 制限と今後の作業

 SCPは、この記事の執筆時点で世界で9番目に大きい暗号通貨である、

StellarNetworkの一部として数年間広範囲にテストされています。

これは私たちにかなりの自信を与えてくれます。 

Piプロジェクトの目標の1つは、

Piネットワークのノード数を、

Stellarネットワークのノード数よりも大きくして、

より多くの日常のユーザーが、

コアコンセンサスアルゴリズムに参加できるようにすることです。

ノードの数を増やすと、

必然的にノード間で交換する必要のある、

ネットワークメッセージの数が増えます。

これらのメッセージは画像やYouTubeビデオよりもはるかに小さく、

今日のインターネットは確実にビデオをすばやく転送できますが、

必要なメッセージの数は参加ノードの数とともに増加し、

コンセンサスに達する速度のボトルネックになる可能性があります。

これにより、最終的に、

新しいブロックと新しいトランザクションがネットワークに、

記録される速度が遅くなります。

ありがたいことに、

Stellarは現在ビットコインよりもはるかに高速です。

現在、Stellarは、3〜5秒ごとに新しいブロックを、

生成するように調整されており、

1秒あたり数千のトランザクションをサポートできます。

比較すると、ビットコインは10分ごとに新しいブロックを生成します。

さらに、ビットコインには安全性の保証がないため、

まれにビットコインのブロックチェーンが、

最初の1時間以内に上書きされる可能性があります。

つまり、ビットコインのユーザーは、

トランザクションが最終的なものと見なされることを確認する前に、

約1時間待つ必要があります。 

SCPは安全性を保証します。つまり、

3〜5秒後にトランザクションについて確実になります。

したがって、スケーラビリティのボトルネックが発生する可能性がある場合でも、

Piは、ビットコインよりも速く、場合によってはステラよりも遅く、

トランザクションのファイナリティを達成し、

ビットコインよりも多く、

場合によってはステラよりも少ない1秒あたりの、

トランザクションを処理することを期待しています。

 SCPのスケーラビリティはまだ未解決の研究問題ですが。

物事をスピードアップできる有望な方法は複数あります。

考えられるスケーラビリティソリューションの1つは、bloXrouteです。 

BloXrouteは、

ネットワークパフォーマンスに最適化された、

サーバーのグローバルネットワークを利用する、

ブロックチェーン配信ネットワーク(BDN)を提案します。

各BDNは、1つの組織によって一元的に制御されますが、

中立的なメッセージパッシングアクセラレーションを提供します。

つまり BDNは、メッセージが暗号化されているため、

区別なくすべてのノードに公平にサービスを提供できます。

これは、BDNがメッセージの送信元、送信先、

または内部の内容を認識していないことを意味します。

このようにして、

Piノードは2つのメッセージパッシングルートを持つことができます。

ほとんどの場合信頼性が期待されるBDNを介した高速ルートと、

完全に分散化されて信頼性が高いが低速な元の、

ピアツーピアメッセージパッシングインターフェイスです。

このアイデアの直感は、キャッシュと漠然と似ています。

キャッシュは、コンピューターがデータに非常に迅速にアクセスできる場所であり、

平均的な計算を高速化しますが、必要なすべての情報が常にあるとは限りません。

キャッシュが失われると、コンピューターの速度は低下しますが、

壊滅的な事態は発生しません。

別の解決策は、

オープンなピアツーピアネットワーク[Nicolosi and Mazieres 2004]で、

マルチキャストメッセージの安全な確認応答を使用して、

ピア間のメッセージ伝播を高速化することです。

 

 Pi経済モデル:希少性とアクセスのバランス

 第1世代経済モデルの長所と短所

 ビットコインの最も印象的な革新の1つは、

分散システムと経済ゲーム理論の融合です。

 長所

 固定供給

 ビットコインの経済モデルは単純です。

存在するビットコインは2100万に過ぎません。

この番号はコードで設定されます。

世界中の75億人の間で流通するのはわずか2100万であり、

回るのに十分なビットコインはありません。

この希少性は、ビットコインの価値の最も重要な推進力の1つです。

 ブロック報酬の減少

 下の写真にあるビットコインの配布スキームは、

この希少性の感覚をさらに強化します。

ビットコインブロックマイニング報酬は、

210,000ブロックごとに半分になります(約4年ごと)。

初期のビットコインブロック報酬は50コインでした。

現在、報酬は12.5であり、

2020年5月にはさらに6.25コインに減少します。

ビットコインの配布率の低下は、通貨の認識が高まっても、

実際にマイニングするものが少なくなることを意味します。

 短所

 反転は不均一を意味します

 ビットコインの逆分配モデル(最初は収入が少なく、今日は収入が少ない)は、

その不均一な分配の主な原因の1つです。

少数の早期採用者の手に非常に多くのビットコインがあるため、

新しい鉱山労働者はより少ないビットコインで、

より多くのエネルギーを「燃焼」しています。

 買いだめは交換手段としての使用を阻害する

 ビットコインは「ピアツーピア電子現金」システムとしてリリースされましたが、

ビットコインが比較的不足しているため、

中規模の取引所として機能するというビットコインの目標が妨げられています。

ビットコインの希少性は、「デジタルゴールド」、

または価値のあるデジタルストアの形としての認識につながっています。

この認識の結果、多くのビットコイン保有者は、

ビットコインを日々の費用に費やすことを望んでいません。

 円周率経済モデル

 一方、Piは、非常に少数のハンドに大量が、

蓄積されないようにしながら、

Piの希少性を生み出すことのバランスをとろうとしています。

ユーザーがネットワークに貢献するにつれて、

より多くのPiを獲得できるようにしたいと考えています。 

Piの目標は、人々が使用できるほど直感的でありながら、

これらの優先順位を達成してバランスを取るのに、

十分洗練された経済モデルを構築することです。

 Piの経済モデルの設計要件:

 シンプル:直感的で透過的なモデルを構築する

 

公平な分配:世界の人口の臨界量にPiへのアクセスを提供します

 

希少性:Piの価格を長期にわたって維持するために、

希少性の感覚を生み出します

 実力主義の収益:ネットワークを構築および、

維持するための報酬の貢献

 

Pi-トークンの供給

 トークンエミッションポリシー

 

総最大供給量= M + R + D

 M =マイニング報酬の合計

 R =紹介報酬の合計

 D =開発者の報酬の合計

 M =∫f(P)dxここで、fは対数的に減少する関数です。

 P =人口番号(例:1人目が参加、2人目が参加など)

 R = r * M

 r =紹介率(合計50%または紹介者と審判の両方で25%)

 D = t *(M + R)

 t =開発者の報酬率(25%)

 M-マイニングサプライ(1人あたりの固定マイニングサプライに基づく)

 全世界の人口のためにコインの固定供給を、

作成したビットコインとは対照的に、

Piは最初の1億人の参加者までネットワークに、

参加する各人のためにPiの固定供給を作成します。

つまり、Piネットワークに参加する人ごとに、

一定量のPiが事前に作成されます。

この供給は、ネットワークセキュリティへの関与と、

貢献のレベルに基づいて、

そのメンバーの存続期間にわたって解放されます。

供給は、メンバーの生涯にわたってビットコインと同様の、

指数関数的に減少する関数を使用して解放されます。

 R-紹介の供給(1人あたりに作成された、

固定の紹介報酬と共有された白黒の紹介者と審判に基づく)

 通貨に価値を持たせるためには、広く流通させる必要があります。

この目標を奨励するために、プロトコルは、

リファラーとレフリーの両方(または親と子孫の両方:)の、

紹介ボーナスとして機能する一定量のPiも生成します。

この共有プールは、

両方の当事者が生涯にわたってマイニングできます。

-両方の場合 パーティーは積極的に採掘しています。

リファラーとレフリーの両方がこのプールを利用して、

リファラーがレフリーを「捕食」できる搾取的なモデルを回避することができます。

紹介ボーナスは、

Piネットワークを成長させるためのネットワークレベルの、

インセンティブとして機能すると同時に、

ネットワークを積極的に保護するためのメンバー間の関与を奨励します。

 D-開発者報酬の供給(進行中の開発をサポートするために追加のPiが作成されました)

 Piは、マイニングと紹介のために鋳造される各コインと一緒に鋳造される、

以上発者報酬」で進行中の開発に資金を提供します。

伝統的に、暗号通貨プロトコルは、すぐに財務に置かれる、

一定量の供給を鋳造していました。

 ©2020SocialChain Inc. | 全著作権所有。

 Piネットワーク

以上が、ホワイト翻訳でした!

(はぁ~・・・長かったですね!)

 

あなたの参加方法!(完全無料!)

 

★(注)スマホでしかアプリは、

「ダウンロード」&「設定」出来ないんで、

もしこの記事をPCで見てる方は、

スマホに切り替えて見直してください!

 

スマホに切り替える場合は、検索で、

「インフォあっくんのネットビジネスワールド」と、

検索して頂ければすぐにアクセス出来ます!

(「インフォあっくん」だけでも大丈夫!

一応URLも載せておきます!

https://infoakkun.com/

 

そしてスマホでアプリを、

ダウンロード後は、

PCでこの記事を見ながら、

設定すると、楽でっせ!

 

★ここから参加した方には、

1π(Pi(パイ)をプレゼントします!

 

Pi(パイ)は、

スタンフォード大学の博士号を有する、

チームによって開発された新しいデジタル通貨で、

世界中に 350万人以上の会員がいます!

 

Piを獲得したい場合は、

iPhoneのあなたは、「App Store」、

アンドロイドの方は、「Play ストア」から、

下記のURLを押すと「PIネットワーク」アプリの、

ダウンロード画面に飛び、

下記のようなマークの画面に変わるんで、

あなたのスマホにダウンロードしてください!

 

アプリをダウンロードする際は、

必ず、下記のURLからダウンロードしてください!

このリンク https://minepi.com/estanzia をクリック!

(スマホでダウンロードしてください!)

 

下記はアンドロイドのダウンロード画面!

 

下記はiPhoneのダウンロード画面!

 

ダウンロードが完了したら「開く」を、

クリックし、「設定方法」にお進みください!

 

初期の設定時にはある程度アプリが、

誘導してくれます!

 

そしてここが重要なんですが、

招待コードを入力する画面で、

 

「estanzia」と入力してください!

 

「estanzia」と入力直後に、

ホーム画面に飛ぶ場合は、

認証失敗で、1πも受け取れないんで、

一旦、ダウンロードしたアプリを、

アンインストールして、大変ご面倒ですが、

再度上記の手順でアプリをインストールし、

招待コードを「estanzia」と、

入れ直してくださいな(*^^)v

 

何度もしつこいですが、

あっくんのユーザー名、

「estanzia」を招待コードとして、

使用してくださいな(^^ゞ

 

そしてあなたのアカウント作成画面では、

ニックネームを決めるんですが、

会員がメッチャ多いんで、

ちょっと捻ったニックネームを、

入力してください!

*「しろかぶさん、画像を使用させて頂きましたm(__)m)

 

そしてその「ニックネーム」を、

僕に教えて頂ければ助かりますし、

招待コードも間違えずに入力し、

「ニックネーム」を下記のフォームか、

contact-form-7 id=”17540″ title=”お問い合わせ・お悩み相談・質問等々何でもOK!”]

あっくんのLINE公式アカウントに登録し、

「インフォあっくんのLINE登録&相談」

LINEにてお教えくださいませm(__)m

 

下記からでも「LINE公式アカウント」に登録出来ます!

 

そんなあなたを、Pi(パイ)が上場するまで、

フルサポートしますんで、安心してくださいな(^^ゞ

 

LINE公式アカウントに登録し、

「ニックネーム」を教えた後、

何かの商品やツールを購入するような、

誘導等はありませんので、

ご安心してください!

むしろ「有益な情報」を、

「LINE公式アカウント登録者」優先で、

発信していきますし、お悩みやご相談等も、

「回数無制限」「完全無料」で行ってます!

 

★アクティブユーザー(アプリで無料マイニング)が、

全世界中で1億人前後を目途で、

「アプリのダウンロード」等が、

出来なくなりますんで、

お早目の「参加」をオススメします

 

Piアプリの設定方法!

 

ではアプリの初期設定の説明です!

見にくくて、分からない場合、躓いた場合は、

下記のフォームから質問するか、

    「インフォあっくんのLINE登録&相談」やと、

    早いかと思われます!

     

    下記からでも、

    「あっくんのLINE公式アカウント」に、

    登録出来ます!

     

    そして質問を書いて頂ければ、

    即日には必ず対応させて頂きます!

    LINE公式アカウントに登録し、

    「登録で分からない部分をお問い合わせした後等」、

    何かの商品やツールを購入するような、

    誘導等はありませんので、

    ご安心してください!

    むしろ「有益な情報」を、

    「LINE公式アカウント」登録者優先で、

    発信していきますし、お悩みやご相談等も、

    「回数無制限」「完全無料」で行ってます!

     

    そして認証の部分ですが、

    最初の初期設定で、TEL番号等を入力しますが、

    初期設定が終わったらTEL認証があるんで、

    下記を参考にしてくださいね!

     

    フェイスブック認証等はメッチャ簡単に、

    誰でも出来るんですが、(フェイスブックのパスワードが必須!)

    僕はフェイスブックのパスワードを忘れたんで、

    フェイスブックのパスワードを、

    分かりやすいのに変更しました(笑)

     

    基本は「フェイスブック」か、

    「TEL認証」のどちらかでOK!

     

    「TEL認証」で躓く方が多く見受けられ、

    実は僕もその一人でした(苦笑)

    下記の青い部分をタップしたらメニュー画面が現れます!

    メニュー画面のプロフィールをタップすると、

    各認証の画面が出て来て、

    基本は「フェイスブック」か、

    「TEL認証」のどちらかでOKなんですが、

    ぶっちゃけ「TEL認証」もしたいやないですか!

     

    iPhoneの方は割とすんなり出来るみたいですが、

    どーもアンドロイドの方は、

    「TEL認証」で躓く人が多いらしいんで、

    「TEL認証」で困ったら、連絡頂ければ、

    やり方をお教えしまーす(^^ゞ

     

    そして設定が終わったら、

    「やっておきたい9つのポイント!」

    (引用元・さくぱんのFX戦記)

     

    マイニングをする際にちょっとした注意点!

     

    1つ困った事(?)があるんですが、

    マイニングをする際(初めての時や24時間後の再開)、

    下記の画像の場所をタップするんですが、

    この時いろんな「CM」が表示されます!

    「動画CM」や「Play ストア」・「App Store」に、

    飛ばされ、アプリのダウンロードを促せたり・・・!

    それがちょっと鬱陶しいかもです(>_<)

    ★このCM広告でPiコアチームの、

    資金の一部として使用されてます!

    間違っても「必須のもんかな?」なんて思わず、

    すぐに終わらせるように気をつけてください!

     

    あなたも招待コードを使って友人や知人を招待出来る!

     

    更にPi Networkが凄いところは、

    あなたの設定が完了し、

    マイニングが始まったら、

    その瞬間から下記の画像から、

    あなたの大切な友人・家族・知人を招待出来る事!

     

    青く囲った部分をクリックすると、

    親切な文面と、招待コード(ニックネーム)が現れ、

    友人等のLINE等に貼りつければ、

    あなたのPi(パイ)のマイニング速度が速まり、

    上場までにより多くのPi(パイ)が持てます!

     

    例えば僕の場合、文章を変えましたが、

    デフォルトの文章は、

    「1πをお送りします!

    Pi(パイ)は、スタンフォード大学の博士号を有する、

    チームによって開発された新しいデジタル通貨で、

    世界中に 35 百万人以上の会員がいます。

    Piを獲得したい場合は、

    このリンク https://minepi.com/estanzia をクリックし、

    私のユーザー名 (estanzia) を、

    招待コードとして使用してください。」

    という文章がデフォルトの文章!

     

    そーなんです!

     

    僕のニックネームは、

    「estanzia」なんですわ(笑)

     

    上記であるように、

    ニックネームを決める画面があるんで、

    簡単なニックネームやと弾かれるんで、

    数字を入れたり工夫して決めてください!

    そしてこれが後にあなたの、

    「招待コード」になります!

     

    なんで僕が「招待コード」を、

    しつこく書き記したんかは、

    これで理解して頂けるんではないでしょうか!

    やはり僕も少しでも多くのPi(パイ)を

    得る為にマイニングスピードを、

    上げたいですもん(笑)

     

    そしてあなたの友人・家族・知人で、

    あなたの「招待コード」を使って、

    Pi Networkに参加してくれる方が多いほど、

    あなたのマイニングスピードが上がり、

    より多くのPiが集められます!

     

    ただし友人が友人を参加させた時の、

    いわゆる「孫」が増えても、

    マイニングスピードは上がりません!

    あくまでもあなたの知り合いを増やさないと、

    マイニングスピードは上がりません!

     

    誘う時は「この記事」を読んでもらってもえーし、

    とにかく「1円も損せーへんし、上手くいったら、

    お小遣い以上のお金が発生する可能性があり、

    やる事は24時間に1回、マイニングする所を、

    タップするだけ!」と伝えれば参加してくれる、

    可能性は大いにあるというか、

    100%近く参加すると思われます!

     

    なので沢山の方々にあなたが招待して、

    (文章を変えるのは有り!)

    その友人や知人にも、招待出来る!って事を、

    是非、教えてあげてください!

    そしてPi Networkの「輪」を、

    一緒に広げましょう!

    (注)招待は無限に出来る訳では無いんで、

    出来るうちに、招待コードを有効活用してください!

    ★アクティブユーザー(アプリで無料マイニング)が、

    全世界中で1億人前後を目途で、

    「アプリのダウンロード」等が、

    出来なくなりますんで、

    お早目の参加をオススメします

     

    Piのウォレットの作成方法!

     

    「ウォレット」とは、暗号資産の「財布」と、

    思って頂ければと思います!

     

    「ウォレット」が無いと、

    「送金」や「受金」が出来ないんで、

    必ず作っておきましょう!

     

    「Pi Browser」をダウンロードしたら、

    早速開いてみましょう!

    「Pi Browserアプリ」を開いて、

    お財布のアイコン(wallet.pi)をタップ!

    「ウォレットを作成」をタップするだけ!

    メッチャかんたんです!

     

    これでPi(パイネットワーク)の、

    ウォレットの完成です!

     

    そしてウォレットを管理する上で、

    「ウォレット作成」を押すと24の単語の、

    「パスレーズ」が表示されます!

    「パスフレーズ」はメッチャ大事な

    「ウォレット」を開ける、

    「鍵」みたいなもんですから、

    「パスフレーズ」は下記の画像で、

    表示される右下の、

    「コピー」をタップしてに、

    大切に保存しておきましょう!

    (メモ帳があればそこに保存!)

     

    無い方はメモ帳を「Playストア」、

    「App Store」から、

    ダウンロードして、

    保存しておいてくださいね!(^○^)

    (注)「パスフレーズ」を無くしたら、

    メッチャ大変なんで気をつけてください!

     

    (注)「FACE ID」はあなたのスマホに、

    「顏認証機能」がある場合、表示されます!

     

    上記にも書きましたが、

    スクショ」ではなく、

    「パスフレーズ」はコピペで、

    メモ帳等に保存が安心です!!

    入力は非常に面倒ですし、

    入力ミスもありますしね!

     

    セキュリティ面でもスクショ保管は、

    安全ではないと思いますので、

    保存した「パスフレーズ」を他のウォレットの、

    「パスフレーズ」同様に大切に保管してください!

     

    また上記で分からないあなたは、

    下記も参考にしてください!

    「副業で楽しく稼ぐブログ」

    のメニューの「Pi Walletの作成!」

     

    そしてウォレットが完成したら、

    友人とπ(パイ)の「送受金のテスト」を、

    是非、試してみてください!

    上記のブログの「02」の、

    「Pi Walletを使ったTest-πの、

    送信テスト・受信確認の方法」を参考!

     

    何度も書きますが、

    分からない事があったら、

    下記のLINE公式アカウントに登録し、

    聞いて頂ければ、出来るまで、

    お手伝いしまっせ(^。^)y-.。o○

     

    更に僕も最初は分からい事が結構あって、

    そん時に助けられたんは、

    「Pi 専用チャット」です・・・!

    みんな親切で、困ったら助けてくれますから、

    あなたも大いに活用してくださいな(^^ゞ

     

    あっくんの評価と総評!

     

    うーむ、むむむ・・・!

     

    まず言いたいのは、上場前の暗号資産って、

    良い事ばっかり言うやないですか?

     

    例えば僕が騙された(?)ノアコインも、

    「フィリピンの大統領の弟が関わってる!」とか、

    「フィリピン大使館の大使が関わってる!」とか、

    「フィリピンエアラインズの副社長が関わってる!」等々、

    全部「嘘」でしからね~・・・(>_<)

     

    それでも上場に漕ぎつけたんは凄いですよね!

    ただ、上記の「関わってる」のがホンマやったら、

    上場後値は上がり、ノアシティーも、

    今頃、完成してるはずですわ!

     

    じゃあ今回のPi(パイネットワーク)は?

    3人の開発者は否定してないですからね!

     

    公式ホームページでも3人の開発者の紹介や、

    PIネットワークの概要等が載ってますから、

    是非見てくださいな(*^^)v

     

    PIネットワークのHP」(日本語版)

     

    ★最新情報はPIネットワークの、

    アプリからも確認出来ます!

    ついでに最新情報をGoogle翻訳してみました!

    「最新情報の見方」を追記したんで話が飛びましたが、

    特にニコラス氏はそこそこの有名人でもあるし、

    正式リリースから、4年弱が経ちますが、

    Piネットワークが悪質な団体ならば、

    開発者3人共、公共の場で、

    「関わって無い!」という事を言うでしょうしね!

     

    関わって無くPiが悪質ならば3人もその先、

    仕事が出来なくなってしまうんやないでしょうか?

     

    更に正式リリース日が、3月14日・・・!

    円周率の「π」(3.14)になってるのも、

    洒落がきいてえーんやないですかね(*^^)v

     

    上記の観点からしても、

    PIネットワーク信頼性はあると思われます!

     

    なんせ、Pi Network(パイネットワーク)のビジョンは、

    ビットコインを凌駕するP2Pネットワーク」を構築し、

    仮想通貨「Pi(パイ)」の価値を、

    ビットコインの価値より高くすることでなんですわ

     

    なので一部の機関投資家や個人の投資家、

    がPi Network(パイネットワーク)は、

    「ビットコインを超えるかも!」と、

    言ってるらしいですからね!

     

    昨今の暗号資産ってあまり良い評判を聞いてなく、

    実は僕も暗号資産は終わったのかな?って、

    思ってた1人なんですわ(苦笑)

     

    ところがある信用のおける恩人からの情報で、

    「PIネットワーク」の事を知り、

    自分なりに色々調べたり、他の詳しい数人の方に、

    聞いたりして、「元手がゼロならえーっか!」という、

    軽い感じで登録しマイニングを始めた次第です!

     

    この記事を書くにあたっていろいろ調べて、

    率直に思ったんが、暗号資産によっては、

    これからも伸びしろはあり、

    まだまだ個人投資家として「夢」がある!

    正直にそー思ったんで、その気持ちが、

    記事を書く原動力になりました!

     

    「これはチャンスかもしれんし、

    1人でも多くの人に伝えなアカン!

    知ってもらいたい!」という気持ちで!

     

    当然、「Piは怪しい」という批判的な記事や、

    ブログもまぁまぁありましたが、

    肯定的な記事やブログが圧倒的に多かった事に、

    正直僕の想定を遥かに超える数がありましたわ!

     

    普通、暗号資産と言ったら、

    取引所に口座を開設して、

    暗号資産を買って値が上がるのを待って売るか、

    暗号資産FX(ビットコイン)で増やすか、

    (FXのスキルが必須!)

    自分でマイニングするかのどれかでしょう!

    (マイニングは超高性能PCを持ってるなら、

    モナコインなら出来なくもない!)

     

    それが今回のPi(パイ)は、世界初、

    スマホのアプリでマイニングして、

    Pi(パイ)という暗号資産が増やせ、

    最初の設定は面倒ですが、完全無料で、

    24時間に1回、マイニングボタンをタップするだけ!

     

    これだけで「夢」が見れるならば、

    最高でしょう!と僕は思いましたね!

     

    だって、失敗しても1円も損しないし、

    上手くいったら、お小遣い以上のお金を、

    手に入れる可能性がある!

     

    もし、PIネットワークが、

    上場前に10パイ〇〇万円で、

    買うような暗号資産なら、

    こんなオススメ記事は、

    書いてないかと思われます

     

    なので、参加を迷われてるあなた

    躊躇してるあなた!

    何が一番「心配」ですか?

     

    「個人情報の漏洩?」「悪質なメール?」

    「スマホに知らないアプリがダウンロードされてる?」

    「スマホんも故障?」

    これらの件は「PIネットワーク」の弱点・心配・・・に、

    ある程度納得いく説明を書いたつもりです!

     

    マイニングは早く参加し、

    1日も早くした方が多くの「Piパイ」を

    獲得出来ますし、大切な友人や家族にも、

    あなたの「招待コード」を使って、

    参加してもらえれば、あなたの、

    マイニングスピードは速くなりますよ!

     

    「結果アカンでも1円も損は無し!」やし、

    「大いなる可能性もある!」のに、

    何を迷ったり、躊躇するのか、

    下記の僕の「LINE公式アカウント」」や、

    「コメント送信欄」から聞かせてください!

     

    必ず上場するまで・・・、

    それ以降も「LINE公式アカウント」」に、

    登録して頂ければ、最後までフルサポートを、

    あなたに「約束」します!

     

    なのでこの記事の「参加方法」に、

    すぐに戻って、是非、参加してみてください!

    無事に上場すれば「参加して良かった」と、

    120%思う事、間違いないでしょう!

     

    無いとは思いますが、もし万が一、

    途中であなたがお金を、

    要求される場面があった場合は、

    即、手を引いてアプリを、

    アンインストールしてください!

     

    今、あなたが生きてて、

    スマホを24時間に1回タップするだけの、

    軽作業で「夢」をみれたりお小遣いが入る、

    そんな手段をご存知ですか?

    あるならば教えてほしいです(*^^)v

     

    そして僕は今、「肺がんステージ4」と、

    それが脳に転移し「悪性腫瘍」と、

    戦ってて、歩くのもままならない人間で、

    お金稼ぎは、独自に作った「FXツール」、

    「Akkun FX System G」でFXで稼ぎ、

    高額な治療費を払ってます・・・(>_<)

     

    更に僕が「肺がん」でなくて普通に働いてては、

    立てれない「目標」に向かって1歩1歩、

    歩きつづけるでしょうね!!

    過去そーやって色んな成功を、

    手にしてきました!

    「プロフィール」を参考!

     

    2022年は「新年の挨拶」でも書きましたが、

    「Akkun FX System G」の開発を、

    知り合いのプロトレーダー、

    ミスターM氏を中心に関わってくれた、

    トレーダー約10名も居て、

    現在勝率はある特殊なインジケーターの、

    方向(見方)さえ間違わなければ、

    100%を推移してて、ミスターM氏は、

    10万円をたった4日で110万円にして見せてくれました!

    それも興味のある方は、お問い合わせください!

     

    そして「新年の挨拶」

    「LINE公式アカウントでの相談等の再開」でも、

    書きましたが、どんな凄い著名人でも、

    イーロン・マスク氏でも、あなたでも、

    絶対に避けられない「死」という現実が待ってます!

     

    唯一神様が平等に与えてくれた「時間」は、

    刻々とその「死」へ時間を刻んでます!

    あなたはそれを知っても何もしようとしないんですか?

     

    今のままで幸せならそれは素晴らしい事やと思います!

     

    そーでなければなんで「1歩」踏み出さないのか・・・?

    僕には分らん理由があるなら仕方無いですが、

    手段を今、2つは知ってるはずですから、

    今のままで満足いってない人生ならば、

    あなたの理想の人生を歩んでみたいとは思いませんか?

    ①「Akkun FX System G」(有料ですし人数限定です!)

    普通に働いてたら、買えない高価な値段設定ではありません!

    (リリース予定は2月中旬以降・「スカイプ」にて、

    回数無制限・完全無料のサポート付き!)

    ②今回のアカン可能性もあるが、PIネットワークに参加する!

     

    「Akkun FX System G」に興味のある方は、

    PCが必須で別に普通のノートPCで大丈夫です!

    ただAmazonや家電量販店でUSBタイプのヘッドセットだけ、

    ご用意なさってくださいな!

    ¥2,000前後で売ってるはずです!

     

    そして今回のPIネットワークの評価は、

    「メッチャえーやん!」

    登録してマイニングするしかないやろー!

    アカンようになっても1円も損せーへんしなぁ~!

    ですかね(*^^)v

     

    上記にも書きましたが、

    10パイ〇〇万円!とかの有料なら、

    「メッチャえーやん!」では無く、

    この記事すら書いてないでしょうね!

     

    もし迷ったりしてるあなたが居るならば

    迷ってる時間内に世界では、

    参加する方が大勢居ると思われ、

    PIネットワークの参加上限の、

    「1億人」に達してあなたは、

    「参加出来ないかも!」なんで、

    悩んでる時間がもったいないし

    アカンようになっても1円も、

    「損」せーへんねんから、

    是非、1日も早く、参加する事を

    メッチャオススメします!

     

    不参加する理由はきっとあなたが、

    成功するイメージメイキングが出来て無く、

    面倒に思ってる人が一番多い気がします!

     

    そのイメージメイキングやマインドセットや、

    メンタルトレーニングは僕が一からお教えしますし、

    大船に乗った気持ちでPIネットワークに参加してほしいし、

    「Akkun FX System G」を購入し、

    証拠金は¥20,000前後からOKですから、

    そんなに敷居も高くはないかと思われます!

     

    是非、参加して上手くいったら、

    僕が交通費から宿泊代まで出しますから、

    どっか素敵なところに集まって、

    「夢」を語りあって楽しみましょうや!

     

    あっ!それと書き忘れた事で重要な事がありました!

     

    EA(自動売買システム)も運用してて、

    親しい人が管理してるんで、

    (種類は4つ)

    その管理してる人は、EAだけで、

    あなたの年収が月収・・・?くらいかな!

    しかも僕からの紹介で「Akkun FX System G」を、

    購入者様には「完全無料」!

    「Akkun FX System G」を購入しなくても、

    〇円で紹介するつもりで居ます!

    (PCは必須ですが普通のノートPCで大丈夫です!)

     

    ただ、今、ロジックをもっと楽に稼げるように、

    変更しながらテストを繰り返してるんで、

    これも紹介は2月中旬以降になるかと思われます!

    (EAの証拠金はちょっと高めです!が、

    「Akkun FX System G」で、すぐに」稼げます!)

     

    ホワイトペーパーの翻訳を載せたから、

    メッチャ超長い記事になりましたが、

    ここまで読んで頂いたあなたに感謝ですm(__)m

     

    また「PIネットワーク」の新情報が入り次第、

    「追記」として新たな記事を書いて、

    お知らせ致します!

     

    以上、インフォあっくんがお届けしました!

     

     

          ホーム画面

     

     

    コメントをどうぞ

    サブコンテンツ

    管理人 インフォあっくん


    「インフォあっくんのネットビジネスワールド」へようこそ!


    壮絶&波乱万丈を絵にかいたような、

    人生を生きてきて、

    良いことも、悪いことも、

    人生3度以上生きたんちゃうかという、

    経験をしてきました!


    情報がビジネスになる昨今、

    ネットビジネスの健全化を目指し、

    情報を知り尽くした

    「インフォあっくん」が、

    情報を提供していきまっせ!


    あと、相談、悩み、困ってる事等、

    ビジネス以外もえーですから、

    気軽にコメントしてください!


    成功を手にしてる方、特に困ってない方はスルーしてちょーだいな!


    「インフォあっくん」が、あなたの人生を豊かにする「ワンピース」になることは間違いなし!やでー!


    スマホでご覧の方は、

    空白があったりして、

    少々見にくいかもです!


    只今、「肺癌ステージ4」闘病中!

    ですが、頑張ってあなたに、

    有益な情報を提供しまっせ!


    「命」が続く限り・・・!

    詐欺商材の返金相談はこちら!

    詐欺商材の返金相談はこちら!

    最新記事

    最近のコメント

    このページの先頭へ